« 2010年06月 | メイン | 2010年08月 »

2010年07月 アーカイブ

2010年07月01日

保育園 歯科健診

7月1日(木)瀬谷区二ツ橋にある私が園医を務めるシャローム三育保育園の歯科健診に行ってきました。
50名を超える0歳児から5歳児までの児童の口の中はほとんどむし歯がなく、口腔清掃状態は良好でした。
生え始めの乳歯はまだ歯質も軟らかく簡単にむし歯になってしまいます。効率の良い歯ブラシ指導や口の中の様々な疑問点についてお話ししてきました。
これからも成長・発育してもらうためには、しっかり噛んでおいしく食事をすることが大切になります。そのための口腔ケアを実践する保育士さんには今後も頑張ってもらいたいと思います。

2010年07月15日

歯科医療連携地区担当者会議

7月15日(木)横浜市歯科医師会歯科保健医療委員会主催の歯科医療連携地区担当者会議が行われ、出席してきました。
P1010089.JPG P1010100.JPG P1010103.JPG
4月より横浜市歯科医師会に医療連携室が設置されたことに伴い、一般の歯科医療機関で治療を受けることが困難な障がい者や在宅要介護者等が安心して歯科医療サービスの提供が受けられる体制を整備することを目的として、横浜市18区の地区坦当の先生方にセンターにおける歯科診療の紹介や連携実績、紹介患者情報の活用法などをセンター障がい部門の診療部長の三浦誠先生や診療医の濱陽子先生から詳細な説明がありました。
歯科医療連携室とは、医療機関をはじめ関係諸団体の情報を収集管理し、個々のケースに応じて適切な口腔保健医療が提供できるように、相互に情報の発信受診を行い連携調整を図り、歯科の特質である「食の支援」を推進するために作られたものです。

2010年07月18日

口腔がん検診協力医研修会

7月18日神奈川県歯科保健総合センター地下大会議室にて、神奈川県歯科医師会主催の口腔癌検診協力医研修会に出席してきました。
DSCF0412.jpg DSCF0419.jpg
藤沢市民病院歯科口腔外科部長の石川好美先生が『口腔癌検診の概要・検診の進め方と手技』、東海大学医学部口腔外科教授の太田嘉英先生が『口腔がんを理解するための基礎知識』という演題での講演です。
口腔がんに限らず日本におけるがん検診の実情は、検診受診率は日本人全体の約17%(欧米では70%)で先進国の中でも非常に低く、がん対策基本法では50%を目標としています。日本は世界一のがん大国であり、日本人の2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなっています。口腔がんの危険因子として真っ先に挙げられるのが喫煙で、喫煙習慣が解消されれば口腔がんの約6割が減少すると言われています。また喫煙者は非喫煙者に比べ約7倍も口腔がんに罹患する危険があるとされています。また過度の飲酒も喫煙に次ぐ危険因子とされており、高濃度アルコールほど危険と言われています。ここまで書けばもうおわかりですね。お酒を飲みながらタバコを吸う習慣がずっと続くと口腔がんになり易いということです。
《口腔がん克服のための5ポイント》
1予防 口腔がんの原因や症状などの特徴を知る。生活習慣を改善し発症リスクを下げる。
2検診 早期発見のため個別や集団検診を受ける。かかりつけ医での定期検診を受ける。
3自覚症状の察知(セルフチェック) 口腔がんに特徴的な症状を見逃さない。
4治療法の選択 標準的治療の可否と治療成績を知る。セカンドオピニオンを依頼する。
5予後 社会復帰に向けてのリハビリテーション。口腔機能の回復によりQOLを維持する。 

2010年07月26日

学生の見学

7月26日(月)私が非常勤講師を務める横浜歯科技術専門学校歯科衛生士学科の生徒が見学に来ました。
DSCF0431.jpg
以前にも見学に来た生徒がいましたが、今回も実際に患者さんに触れ合い、治療を見学し、いろいろな器具や材料を扱うことにより、より理解を深めてくれたと思います。
座学や実習などやるべきことはたくさんありますが、歯科衛生士である前にひとりの人間として、また医療従事者として言葉遣いや対応方などうまく患者さんに向き合ってくれることを切に願います。

2010年07月27日

7月の会務

7月1日(木) シャローム三育保育園 歯科健診 出席
7月1日(木) 職域代表西村まさみ氏決起集会 出席
7月2日(金) 横浜市歯科医師会 歯科保健医療委員会 出席
7月8日(木) 横浜市歯科医師会 理事会 出席
7月14日(水) 瀬谷歯科医師会 理事会 出席
7月15日(木) 横浜市歯科医師会 医療連携地区担当者協議会 出席
7月22日(木) 横浜市歯科医師会 代議員会・総会 出席
7月28日(水) 瀬谷歯科医師会 例会 出席
7月29日(木) 瀬谷歯科医師会40周年記念式典打ち合わせ会議 出席
7月29日(木) 横浜市歯科医師会センター障がい部門調整会議 出席

2010年07月28日

瀬谷歯科医師会 学術講演会

7月28日(水)瀬谷歯科医師会研修センターにて、神奈川県歯科医師会学校歯科保健委員会の大石俊一先生をお招きして「学校歯科健康診断にみる児童虐待について」の講演会があり、参加してきました。
DSCF0433.jpg
虐待には
① 身体的虐待
② 性的虐待
③ 心理的虐待
④ ネグレクト
があります。特にネグレクト(養育放棄)は全身的には著しい身体の汚れ、低体重・低身長などが挙げられ、歯科領域では口腔ケアの不備からくる未治療の多発性う蝕や歯肉腫脹の放置など慢性疾患に対して治療を受けさせていないケースが圧倒的です。そこで歯科医師の立場から虐待の発見や初期対応のポイントを症例を見ながら詳しく解説していただきました。
新聞やメディア等で毎日のように児童虐待のニュースが報道されていますが、少しでも虐待がなくなるようになってもらいたいものです。

2010年07月31日

スタディグループの勉強会

7月31日(土)私が所属するスタディグループの勉強会に東海大学医学部口腔外科教授の金子明寛先生をお呼びして「歯科医療事故における対処法」の講演会がありました。
DSCF0436.jpg
歯科医療事故で最も多いのが、①薬剤のアナフィラキシー②窒息③喘息です。
過去の症例を抽出し、どう対処するべきか、気管挿管やラリンゲルマスクの使い方など、詳しく解説していただき、救急薬品の使用法を交えての説明がありました。
あってはならない歯科医療事故ですが、そうなった時に慌てずに適切な処置ができなくてはいけません。
医療従事者として最低限認識していなければいけない事項を再確認した勉強会でした。

About 2010年07月

2010年07月にブログ「Dr.つなしまBlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年06月です。

次のアーカイブは2010年08月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35