« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月 アーカイブ

2008年11月06日

11月6日(木)横浜市歯科医師会

○理事会 出席

2008年11月09日

第3回摂食・嚥下障害歯科医療担当者研修会

11月9日(日)神奈川県歯科医療総合センターにて第3回摂食・嚥下障害歯科医療担当者研修会の3日目に参加してきました。
%E6%91%82%E9%A3%9F%EF%BC%91.JPG %E6%91%82%E9%A3%9F%EF%BC%93.JPG
午前の講義は昭和大学小児科、田角勝先生の『摂食・嚥下障害と誤嚥性肺炎と他の疾患について』です。
日常生活における誤嚥の予防方法や誤嚥性肺炎の診断、また誤嚥性肺炎を防ぐにはどうすればよいのか、などの講義でした。
午後の講義は、埼玉医科大学耳鼻咽喉科頭頚部腫瘍科准教授の肥後隆三郎先生で『VF(Videofluorography)による診断について』です。
VFとは、患者さんに造影剤を嚥下させ、嚥下関連器官の運動と食塊の移動についてX線透視装置を用いて観察するもので、日本語に訳すと『ビデオX線透視装置』といいます。
ビデオに記録することで詳細な検討が可能であり、治療に反映させることができ、治療と診断に役立ちます。
筋緊張性ジストロフィー(MD)、筋萎縮性側索硬化症(ALS)、Walleuberg症候群などの症例の食道入口部や咽頭の動きをVFで実際に見て嚥下機構を勉強しました。
続いての講義は日本大学歯学部摂食機能療法学講座教授の植田耕一郎先生による『開業医に必要な診査・評価法について(非VFによる診断)』です。
21世紀の生活機能低下の3大疾患として脳血管障害、認知症、パーキンソン病が挙げられ、65歳以上の要介護の原因疾患として一番多いのは、脳血管障害(脳卒中)です。
脳卒中における典型的麻痺の類型に①片麻痺②交代性片麻痺③両側性片麻痺④球麻痺があります。それぞれの症状についての間接・直接訓練の方法を詳細に教わりました。
口腔(口の中)は清掃だけでなく、機能(食事・会話・呼吸・表情)させることが大事だとおっしゃていたのが印象的でした。

2008年11月11日

11月11日(火) 医療保険研修会

11月11日(火)横浜西部総合保険センターにて神奈川県歯科医師会主催の医療保険研修会に参加してきました。
%EF%BC%94%E5%8C%BA%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A%EF%BC%91.JPG  %EF%BC%94%E5%8C%BA%E7%A0%94%E4%BF%AE%E4%BC%9A%EF%BC%92.JPG
戸塚・栄・泉・瀬谷区歯科医師会の会員が一同に集まり、講師に神奈川県歯科医師会の常務理事の鈴木俊介先生と理事の中島信也先生をお招きし、医療保険に関する講演をしていただきました。
今年の4月に医療保険が改正され、歯周治療の流れや、今回改正の変更内容などを再確認しました。日常の臨床に即した保険請求を行うための講習会で、日々、勉強です。

2008年11月13日

11月13日(木)

○神奈川歯科大学総務委員会部会 出席
○横浜市歯科医師会情報調査特別委員会 出席

2008年11月15日

歯科・耳鼻科・小児科・薬局合同忘年会

11月15日(土)診療終了後、当ビルに開設している、つなしま歯科医院・西村医院(耳鼻咽喉科)・瀬谷こどもクリニック(小児科)・センター薬局のスタッフが一同に集まり、合同の忘年会を開催しました。
スタッフの一年の疲れを癒すため、毎年この時期に行っているのですが、他職種の方々の患者さんとの接し方や今抱えている悩みなどを共有する良い機会でした。
小児科の先生からは少子高齢化が進み、子供の数が激減していることや、薬剤師の方からは薬の処方で困っていることなど、お酒が入った席ですが、活発な意見交換をしました。
同じビル内に優秀な医科の先生や薬剤師に疑問に思ったことをすぐにご教示いただけることはとてもためになり、医療連携をする意味でも非常に心強いと感じました。

2008年11月16日

11月16日(日)日本デンタルショー

11月16日(日)みなとみらいのパシィフィコ横浜にて開催された日本デンタルショーに参加してきました。各ブースでは出展業者の商品や新しい材料の説明が行われ、同時に日本歯科医学会総会も併催され、会場において様々な学術セミナーも行われました。
DSCF0151.JPG  DSCF0149.JPG
その中で、神奈川歯科大学口腔治療学講座歯内療法学教授の石井信之先生による『マイクロスコープによる感染根管再治療』の講演を聴きました。
一度根の治療をして、土台を建ててからかぶせ物をしている歯でも、しばらくして根の先に炎症が起こることがあります。いわゆる『感染根管』のしっかり入っている土台の除去方法や、治療のやり方についてわかり易く説明していただきました。
石井先生は神奈川歯科大学ラグビー部の大先輩で、私が学生の時からお世話になった先生です。マイクロスコープによる根管治療の第一人者であり、現在では幅広い研究をしています。

11月16日(日)関東医歯薬リーグ

11月16日(日)デンタルショー出席後、午後から、横須賀の神奈川歯科大学馬掘グランドにて、関東医歯薬リーグの神奈川歯科大学VS慶応大学医学部のラグビーの試合を観戦してきました。
DSCF0152.JPG  DSCF0153.JPG
小雨の降る悪いコンディションでしたが、7対6で辛勝しました。ラグビー部の後輩たちが頑張っている姿を見るとついつい力が入ってしまいます。ノーサイドの笛が鳴った時はしびれました。ただ、試合中に学生のひとりがタックルに入ったときに、強くコンタクトしたため下顎骨の骨折をしてしまい、すぐに我が大学の口腔外科外来に運んで診てもらいました。ラグビーには怪我がつきものですが、即入院だそうです。早く良くなることを心から祈ります。

2008年11月23日

十二大市歯科医師会役員連絡協議会

11月23日(日)東京・市ヶ谷の日本歯科医師会館において、全国の政令指定都市歯科医師会の役員が一同に集まる『十二大市歯科医師会役員連絡協議会』に参加してきました。
DSCF0159.JPG  %E5%85%A8%E4%BD%93%E4%BC%9A%E8%AD%B04.JPG
毎年行われている協議会ですが、今年は横浜市歯科医師会が主幹でした。メインテーマは『地域保健・医療のあり方』です。
政令指定都市とは、「政令で指定する人口50万人を超える市」と規定されており、独自の地域保健政策が実現可能になる訳です。そこで広がる都市化のなか、政令市が果たすべき役割や地域保健・医療について協議が行われました。また、5人にひとりが65歳以上の高齢者となる昨今、高齢者対策や他職種との医療連携についても活発な意見交換がなされました。市が違えば、様々な地域保健医療を展開しています。いろいろな政令市の意見を聞けたことはとても参考になりました。この協議会を今後も継続的に行い、地域の皆様により良質の保健・医療を提供していくことを再認識した協議会でした。

第4回摂食・嚥下障害歯科医療担当者研修会

11月23日(日)神奈川県歯科医療総合センターにて摂食・嚥下障害歯科医療担当者研修会の第4日目に参加してきました。
%E7%AC%AC%EF%BC%94%E6%97%A5%E7%9B%AE.JPG  %E7%AC%AC%EF%BC%94%E6%97%A5%E7%9B%AE%E2%91%A1.JPG
午前の講義は昭和大学歯学部口腔リハビリテーション科教授の高橋浩二先生の『開業歯科医に必要な検査・評価法について(頸部聴診法)』です。実際に聴診器を使って、呼吸音や振動音を聴き、誤嚥があるかどうかの診断を行いました。
午後からは埼玉県総合リハビリテーションセンターの言語聴覚士の清水充子先生による『摂食・嚥下訓練について』です。
訓練には間接訓練(基礎訓練)と直接訓練(摂食訓練)があり、間接訓練は食物を用いないで、舌・口唇・軟口蓋などの筋力を高めたり、嚥下反射を誘発する感覚受容を高めます。直接訓練は食物を用いて、食物形態の選定や摂食姿勢の設定、嚥下法の工夫などです。
安全な食事のために大切な条件は①摂食姿勢②献立内容③一口の量や食べ方、という内容でした。
続いて、国立長寿医療センター口腔機能再建科医長の角保徳先生の『摂食・嚥下障害と口腔ケアについて』です。
脳卒中や心筋梗塞などにより、ワ―ファリン(血栓等が出来ないように血をサラサラにする薬)服用中の要介護者の口腔、骨粗しょう症によるビスフォスフォネート製剤服用による顎骨壊死、狭心症のCa拮抗薬服用による歯肉増殖症など、高齢者の口腔の特徴と問題点について様々な症例を紹介していただきながらの講義でした。
後期高齢者QOL(生活の質)維持の最大の問題点は『食べること』が非常に大きなファクターになります。
要介護高齢者の日常生活における関心事で、「家族訪問」や「テレビ」を抑えて、「食事」が郡を抜いてトップに挙げられることも明らかになっています。そこで我々歯科医師は、口腔機能、摂食の専門家である訳ですから、かかりつけ歯科医師として、予防・治療を包括して行い、継続的な指導や管理を今後も行っていきたいと思います。

2008年11月30日

11月30日(日)関東医歯薬リーグ

11月30日(日)横須賀の神奈川歯科大学の馬掘グランドにて、ラグビーの関東医歯薬リーグ、神奈川歯科大学VS東京歯科大学の試合が行われました。
DSCF0154.JPG
結果は7対19で惜しくも負けてしまいましたが、我が後輩たちの健闘に胸が熱くなりました。
人数が少なく、けが人もでて、苦しい1年でしたが、2勝3敗で今期を終了しました。
次年度も上を目指して、精進してもらいたいものです。お疲れ様でした。

About 2008年11月

2008年11月にブログ「Dr.つなしまBlog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35